日々の思考

吃音 日々の思考 書籍 育児

『吃音の世界』(菊池良和/光文社新書)読書記録

2024/2/26  

「そうだ、吃音についてもうちょっと知ろう」読書、3冊目。 これまでの読書記録はこちらから。 今回ご紹介する3冊目はこちらです。 吃音の世界 (光文社新書) [ 菊池良和 ] created by&nb ...

吃音 日々の思考 書籍 育児

『注文に時間がかかるカフェ』(大平一枝/ポプラ社)読書記録

2024/2/26  

「そうだ、吃音についてもうちょっと知ろう」読書、2冊目。 1冊めの読書記録はこちら(『どもる体』を読みました)。 今回ご紹介する2冊めはこちらです。 注文に時間がかかるカフェ たとえば「あ行」が苦手な ...

吃音 日々の思考 書籍 言葉

『どもる体』(伊藤亜紗/医学書院)読書記録

吃音について知ろう読書、1冊目。吃音についてちょっと学んでみようと思った背景はこちらから。自分の備忘録も兼ねて、本を読んだときの印象などを記録してゆきます。 吃音についてなにか書籍を読んでみたいな、と ...

吃音 日々の思考 雑記

「そうだ 吃音、知ろう。」

2024/2/26  

JR東海の『そうだ 京都、行こう。』という名コピーに初めて触れたのは、たしか小学生のとき。テレビCMを通してのことだ。 当時、関東に住んでいたわたしにとって、京都は遠い。親戚も西側にはいなかったので、 ...

イベント エッセイ 日々の思考 暮らし 短歌 育児 雑記

もみじはくまんぐ(七五三の日記)

2023/11/1  

「もみじはくまんぐを、じゅういちじに、はれにしてくださーいっ! もみじはくまんぐを、じゅういちじにっ」 息継ぎすら惜しむように、繰り返し、繰り返し唱える子の大声が、リビング中に響きわたる。 時折、レー ...

エッセイ 日々の思考 暮らし

洗濯機のフタの向こうがわに

2023/10/18  

「しわしわが発掘された」 朝、夫がおもむろにそう言いながら、薄緑色のシワシワをつまんで持ってきた。 ひと目見て、ああ!と思う。 あれは、私がこの春に買って、1、2回履いたら片っぽしか見つからなくなって ...

エッセイ 日々の思考 育児

6歳

2023/10/18  

6歳というのは、実に微妙な年齢なのかもしれない。 特にわが子は早生まれなので、小学1年生の後半に入ったいまも「6歳」だ。 6歳だけど、小学校1年生。小学校1年生だけど、保育園や幼稚園でも同い年がいる。 ...

エッセイ 日々の思考 雑記

朝食バイキング会場にて

2023/11/29  

ビジネスホテルの朝食バイキング会場にはいろんなドラマがある、と思って生きている。 もちろんドラマはいつでもどこでも転がっているのだが、なんだろう、朝食という、出勤前やお出かけ前の、普段はプライベートな ...

エッセイ 写真 日々の思考 雑記

季節と季節のあいだで

2023/3/28  

ひさしぶりにnoteをひらいたら、ほんの数時間前に、昔書いた記事にリアクションしてくれているひとがいた。4年前に書いたものなので、はてどんな内容だったかなとのぞいてみたら、思いのほか、大切な感覚がのこ ...

エッセイ もぐもぐエッセイ 日々の思考 暮らし 育児

パンと土佐犬

2023/7/20  

子と小競り合いをした。 その日は夕方から子の習いごとで、気が急いていたのもある。 習いごとへ向かう子と夫を送り出し、わたしは荒ぶる土佐犬みたいな気持ちをいかにかせん、と洗い物へ。 ごちゃごちゃと重なり ...

© 2024 あのてんぽ:At your own pace